「産業デザイン科」カテゴリーアーカイブ

こんなところにも産技短

産技短では一般教科や座学、実習など、様々な授業を通して「ものづくり」を学びますが、卒業時には2年間のまとめとして「卒業研究」に取り組みます。

産業デザイン科では、県内の市町村や公的機関などから依頼を受けた案件を卒業研究のテーマにすることもあります。平成25年度の卒業制作では花巻市東和の産直「あおぞら」のロゴとキャラクター作成の依頼を受け、制作に取り組みました。

制作したものが現在どんな使われ方をしているのか、先日、「あおぞら」を訪ねてみました。

産直に着くと、青いのぼりが出迎えてくれました!

Exif_JPEG_PICTURE

店内に入ると、レジの方の帽子とエプロンにロゴとキャラクターが印刷されていました。ネームプレートにも、キャラクターのイラストが入っていましたよ(どんなものかは実際に足を運んで確かめてくださいね。かわいいですよ)。

そして、チラシやパンフレット、レジ袋にもキャラクターが!

042601

壁には、産直のそばにある施設の方々が作った、キャラクターのちぎり絵が飾られていました。

Exif_JPEG_PICTURE

実はこのキャラクター、制作時には名前がありませんでした。産直、そして東和の方々に愛着を持っていただきたいと、みなさんで名前をつけてもらうことにしたのでした。そして決まった名前が「ソラちゃん」。願いどおり、みなさんにかわいがっていただいているようです。

この他にも、産業デザイン科の卒業生が在学中にいろいろな制作物に関わっています。どんなものを作ったのかは、キャンパス説明会や楽園祭でご覧いただけますので、ぜひ見に来てくださいね!

Exif_JPEG_PICTURE

おまけ:東和に向かう途中でSL銀河に遭遇!

いわて国体ポスター 優秀賞・特別賞

h27_kokutai_poster_sangitan_3

2016年に本県において開催される、希望郷いわて国体と希望郷いわて大会の公式ポスターデザインの募集があり、産業デザイン科の1年生(当時)が実習課題で制作したポスターを応募しました。
国体冬季大会の部で最優秀賞に輝いた佐藤みのりさんについては、先日岩手県庁において達増知事から賞状が授与されました。
この度、国体本大会及障スポ大会の部と国体冬季大会の部のそれぞれ優秀賞と特別賞に輝いた計4名の学生へ、県庁国体・障がい者スポーツ大会局の石木田総務課主幹兼企画広報担当課長から、賞状が贈られました。

なお、優秀賞及び特別賞を受賞したのは次のとおりです。
■国体本大会及障スポ大会の部・優秀賞
・田鎖志保(産業デザイン科2年)※当時1年
■国体本大会及障スポ大会の部・特別賞
・熊谷亜希子(産業デザイン科2年)※当時1年
■国体冬季大会の部・優秀賞
・鈴木杏梨(産業デザイン科2年)※当時1年
■国体冬季大会の部・特別賞
・佐々木理恵子(産業デザイン科2年)※当時1年

h27_kokutai_poster_sangitan_1国体本大会及障スポ大会の部で優秀賞の田鎖志保さん
h27_kokutai_poster_sangitan_2国体冬季大会の部で優秀賞の鈴木杏梨さん

第11回徳丹城春まつりポスター制作

廣田智代さんの作品を採用
第11回徳丹城春まつりポスター
h27_tokutanjo_harumatsuri
平成27年4月29日(水)に矢巾町で開催される「第11回徳丹城春まつり」のポスターに、廣田智代さん(産業デザイン科・2年)の作品が採用されました。
このポスター制作は、昨年度(平成26年度)後期に産業デザイン科グラフィックコース(印刷デザイン専攻)の実習課題として取り組んだものです。
なお、実行委員会の川村光朗会長(矢巾町長)から廣田さんへ感謝状が贈られました。

いわてアプリコンテスト2014 企業賞受賞

産業デザイン科のウェブデザイン専攻の学生5名が2チーム(産技短国体チーム、チームうみねこ)に分かれて「いわてアプリコンテスト2014」のアイデア部門に応募しました。平成27年3月14日(土)に行われた最終選考の結果、産技短国体チームがいわて国体を盛り上げる「ふって!ふって!!チアわんこ」で「NTTドコモ賞」を受賞。チームうみねこが三陸の復興を後押しする「三陸エア観光」で「インクリメントP賞」を受賞しました。

appicon2014

後列:産技短国体チーム
左から、藤原千杏希さん、白山莉子さん、佐々木雪乃さん
前列:チームうみねこ
左から、佐々木遥さん、髙橋橋玲奈さん

【いわてアプリコンテスト2014公式サイト 受賞作品一覧】
【岩手県公式サイト いわてアプリコンテスト2014 開催結果】

授業がスタートしました!

4月8日(水)に入学式を終えて、新入生を迎えた新年度の授業がスタートしました。さっそく、その様子をお伝えします。
産業デザイン科1年生の授業「デザイン概論(演習)」では、数名のグループに分かれて半年間で1つの課題に取り組む中で、デザインの工程や手法を身に付けます。
最初の授業ではマインドマップを作り、それを使ってグループの仲間に自己紹介を行いました。
出身地も出身校も別々な人との会話にはじめは戸惑い気味でしたが、質問や笑い声も飛び交い、賑やかな自己紹介タイムとなりました。
これから2年間、新しい仲間たちと協力し合って、授業や課題、イベントなどを通して様々なことを学んでいってほしいと思います。

270417_01_01

270417_01_02

冬季国体ポスター 最優秀賞

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会公式ポスターデザイン募集
国体冬季大会の部
最優秀賞・佐藤みのりさん
kokutai_hyoushoushiki_1

2016年に本県において開催される、希望郷いわて国体と希望郷いわて大会の公式ポスターデザインの募集があり、産業デザイン科の1年生が実習課題で制作したポスターを応募しました。
その中から、佐藤みのりさんの作品が国体冬季大会の部で最優秀賞に輝き、平成27年3月24日(火)に県庁において表彰式が行われました。
佐藤さんがデザインしたポスターは、7月ごろから、県内各市町村や県内外の運動施設などで掲示される予定です。
kokutai_poster

また、その他の入賞者は次のとおりです。
■国体本大会及障スポ大会の部・優秀賞
・田鎖志保(産業デザイン科1年)
■国体本大会及障スポ大会の部・特別賞
・熊谷亜希子(産業デザイン科1年)
■国体冬季大会の部・優秀賞
・鈴木杏里(産業デザイン科1年)
■国体冬季大会の部・特別賞
・佐々木理恵子(産業デザイン科1年)

(表彰式の様子)
kokutai_hyoushoushiki_2
kokutai_hyoushoushiki_3
kokutai_hyoushoushiki_4
kokutai_hyoushoushiki_5

第46回岩手広告美術展 優秀賞・奨励賞

優秀賞・田鎖志保さん
奨励賞・熊谷亜希子さん、江刈内晴香さん

46th_iwate_koukoku_bijutsuten写真左から、
熊谷亜希子さんと作品「碁石海岸・雷岩PRポスター」
田鎖志保さんと作品「岩手の特産品の販売促進ポスター」
江刈内晴香さんと作品「安倍貞任のポスター」


産業デザイン科1年生グラフィックコース9名が、実習課題として取り組んだポスターを第46回岩手広告美術展に応募しました。平成27年2月18日(水)に岩手日報社で講演会・合評会が行われ、入賞者が発表されました。
産業デザイン科では、田鎖志保さんが「優秀賞」を、熊谷亜希子さんと江刈内晴香さんが「奨励賞」を受賞しました。

卒業研究で紫波町の産直ポスターを作りました

矢巾町の南に位置する紫波町には10か所の産直があり、現在、「産直のまち紫波 ホームページ」にて、各産直の組合員自らがタブレットを使って旬の情報を発信しています。その取り組みを盛り上げ、産直の集客につなげることを目的とした産直ごとのポスター制作の依頼を受け、産業デザイン科の2年生3名が卒業研究として取り組みました。

まずは各産直の特色を調査するために、各産直の組合員やお客さまを取材させていただきました。その後はコンセプト設定、デザイン案作成、写真撮影、キャッチコピーの作成、レイアウトデザインと様々な工程を経て、1産直2案ずつ、計20枚のポスターが完成しました。

そして2月15日(日)、紫波町情報交流館(オガール紫波内)で行われた第3回産直のまち「紫波」加工品フェアにて、完成品を披露しました。産直の組合長や店長、お客様にモデルをお願いし、産直の温もりが伝わるポスターに仕上がったのではないかと思います。

(お披露目会の様子は「産直のまち紫波 ホームページ」でご覧いただけます)

完成したポスターは2月27日(金)~3月1日(日)の産技短展で展示、そして紫波町内の産直の店頭でご覧いただける予定です。ぜひ、足を運んでくださいね!

産直のまち紫波 ホームページ http://www.shiwa-brand.com

産直のまち紫波 Facebook http://www.facebook.com/shiwabrand.sanchoku

0215_03.jpg 0215_02.jpg 0215_01.jpg

パッケージデザインコンペで入選

おいしい東北パッケージデザイン展2014
入選・及川千遥さん
h26_oishii_1入選した及川千遥さんの作品「サバだしラーメン」

11月28日(金)〜12月1日(月)に、宮城県の東京エレクトロンホール宮城で、「おいしい東北パッケージデザイン展2014」の展覧会が開催され、産業デザイン科1年・及川千遥さんの作品が入選作品として展示されました。
このコンペは、東北経済産業局が、平成26年度TOHOKUデザイン創造・活用支援事業として(公社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)に委託して実施したものです。あらかじめ対象商品として選定された東北地域の10商品の中から、各自がデザインしたい商品を選んで応募するというものでした。
産業デザイン科では、1年グラフィックコース(印刷デザイン専攻)の製品デザイン基礎実習の課題として取組み、制作した作品を応募しました。
プロのデザイナーやデザインを学んでいる学生など、全国から応募があり、応募総数は492名(623点)でした。

h26_oishii_2
h26_oishii_3
h26_oishii_4

イベントのイラストを制作

はなまき産業大博覧会2014
学生がボランディアでバックパネルのイラストを制作
h26_hanamaki_illustration_1
花巻市では毎年11月に「はなまき産業大博覧会」を開催しており、今年も11月29日(土)、30日(日)の両日に、花巻市総合体育館において開催されました。
産業デザイン科では、このイベントを主催するはなまき産業大博覧会実行委員会(会長:上田東一花巻市長)から林業ブースに設置するバックパネルのイラスト制作の依頼を受け、学生有志によるボランティア活動として制作を行いました。
イラストには、林業ブースということから、花巻の森を背景に、宮沢賢治の童話に出てくるキャラクターをそれぞれ描きました。

h26_hanamaki_illustration_2
h26_hanamaki_illustration_3
h26_hanamaki_illustration_4
h26_hanamaki_illustration_5
h26_hanamaki_illustration_6